2010年03月02日

ソルブ人

ドイツ人(高地ソルブ語 Serbja、低地ソルブ語 Serby)は、現在ドイツ連邦共和国の東部に在住するスラヴ人の一派である。インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派、西スラヴ語群の一派であるソルブ語を話す。高地ソルブ語と低地ソルブ語の2つの言語グループに分かれている。地勢現在、ドイツに住むソルブ人は約6万人とされ、そのうちザクセン州北東部に住む高地ソルブ語派が4万人、ブランデンブルク州南東部に住む低地ソルブ語派が約2万人と見られている。ただし、ソルブ語を使うのは1万人から3万人で、その大半はドイツ語とのバイリンガル(二言語利用者)とされている。また、ソルブ人が住む地域は歴史的にラウジッツと呼ばれている。歴史第二次世界大戦まで 1910年(ドイツ帝国末期)のドイツ語多数地域図。 Berlin(ベルリン、中央上部)の南東、Bautzen(バウツェン)付近にある2つの灰色=非ドイツ語地域(言語島)がソルブ語使用(ラウジッツ)地域。ソルブ人は中世までエルベ川東岸地域に住んでいたスラヴ系民族のポラビア・スラブ人 (en:Polabian Slavs) の最後の残存者と見られている。同地域はドイツ人による東方植民の影響を受けて急速にドイツ化した。また、この地域のスラヴ人は18世紀にソルブ人と呼ばれるようになった。19世紀末、ソルブ人はラウジッツ地域に約15万人が住み、モノリンガル(単言語利用者)が多数派だったが、ドイツ帝国からドイツ共和国の時代にかけて進んだ広汎なドイツ化により、1920年代にはドイツ語とのバイリンガルが多数派になった。1933年に成立した国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)政権は、ソルブ人をスラヴ民族ではなく「ソルブ語を話すドイツ人」と見なし、「再ドイツ化」政策を進めた。1937年にはソルブ人の民族権利擁護団体であるドモヴィナ(en:Domowina)を禁止し、1939年には最後のソルブ語新聞を禁止して、ソルブ人の教師や司祭は追放されて強制収容所へと送られた。これらの政策により、ラウジッツ地域でもソルブ人は少数派へ転落した。戦後の独立志向から東ドイツへ1945年、第二次世界大戦でドイツが敗北し、全土が連合国軍に占領されると、ラウジッツ地域はドイツの一部としてソヴィエト連邦の軍政下に入った。プラハで組織されたラウジッツ・ソルブ民族評議会はこの機にチェコスロヴァキアの

沖縄で震度5弱の地震 一時津波警報も(産経新聞)
借金のカタにソープ紹介 職業安定法違反容疑などで男5人逮捕(産経新聞)
路上に流血男性「助けて」、刃物傷で死亡…福島(読売新聞)
雑記帳 蓮花ちゃん、きっちり仕分け?ケーキに微妙な差(毎日新聞)
全国5番目の規模の河内大塚山古墳は未完? 初の立ち入り調査(産経新聞)
posted by コバヤカワ リュウイチ at 03:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。