2010年03月19日

「朝鮮学校に差つけるな」=高校授業料無償化−福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は13日、高校授業料無償化の焦点となっている朝鮮学校の扱いについて、都内で記者団に「差を設けるのは妥当ではない。すべての子どもたちを応援すべきだ」と述べ、無償化の対象から除外すべきでないと強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<輿石氏宅違反転用>固定資産税は義弟負担 農地で格安課税(毎日新聞)
小林千議員の進退、自身で判断することと首相(読売新聞)
<愛子さま>ホームルームに出席 学習院初等科で終業式(毎日新聞)
自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)
放火か、世界遺産・ブガンダ王族の墓が焼失(読売新聞)
posted by コバヤカワ リュウイチ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<高校無償化>法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議(毎日新聞)

 鳩山政権の目玉政策である高校無償化法案は、16日午後の衆院本会議で採決され、民主、社民、国民新の与党3党と公明、共産両党などの賛成多数で可決された。子ども手当法案も、引き続き与党と公明、共産両党などの賛成多数で可決され、衆院を通過した。政府・与党は両法案を週内に参院で審議入りさせ、年度内成立を目指す。成立すれば高校無償化は4月から実施され、子ども手当は6月に支給開始される。

 両法案は民主党が昨年の衆院選でマニフェスト(政権公約)に盛り込んだ。

 高校無償化法案は公立高校の授業料を無料にし、私立高校生には世帯の所得に応じて年11万8800〜23万7600円を助成する。朝鮮学校を対象に含めるかどうかは、法案成立後に政府が第三者機関を設けて最終判断することにしており、制度開始予定の4月時点では除外される。

 子ども手当法案は10年度に中学卒業までの子ども1人当たり月1万3000円を支給する。政府は11年度以降は満額の2万6000円とする方針で、来年の通常国会に改めて法案を出す。【鈴木直】

【関連ニュース】
高校無償化:衆院本会議で法案可決 4月実施へ
高校無償化:朝鮮学校を除外 第三者組織で再判断 政府
衆院委:高校授業料無償化法案を可決
高校無償化:法案成立後、基準づくりを検討…鳩山首相
高校無償化:朝鮮学校対象にと要請書 外国人学校ネット

菅野美穂、「坂の上の雲」への思い語る 松山でトークショー (産経新聞)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
<児童虐待>親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで(毎日新聞)
米次官補来日中止、関知せず=鳩山首相(時事通信)
名古屋高検の検事、盗撮しようとした疑い(読売新聞)
posted by コバヤカワ リュウイチ at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

統合医療推進に「混合診療解禁の疑念」−日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会の中川俊男常任理事は3月10日の定例記者会見で、統合医療推進の背景には混合診療を解禁し、市場原理主義に立ち返る狙いがあるのでは、との疑念を示した上で、「このような流れに強く反対する」との日医の見解を発表した。

 2月5日に開かれた厚生労働省の「統合医療プロジェクトチーム」の第1回会合で示された統合医療の定義では、伝統医学や自然療法などの「相補・代替医療を近代西洋医学に統合して、患者中心の医療を行うものが統合医療である」としている。

 これに対して日医は、統合医療の定義が国民や医療関係者に浸透しておらず、まず医療界で議論する必要があるとした。また厚労省は、統合医療でなければ「患者中心の医療」でないかのような整理をしているとして、「非常に問題」とした。
 その上で、▽厚労省が行っている調査、研究をもとに地道な議論を積み重ねるべきであり、拙速に「統合医療推進」の検討に進むべきではない▽鳩山由紀夫首相は統合医療に「医療費削減」を期待しているが、特に2006年以降の医療費抑制で地域医療が崩壊したことを忘れるべきではない▽足立信也厚労政務官は「予防医療」と「統合医療」を関連付けているが、例えば医療費適正化計画の下に始まった特定健診・特定保健指導の検証はこれからであり、その結果を慎重に見極めるべき―と主張した。
 さらに、日本ではエビデンスの下で有効性や安全性が確認された医療や漢方薬は公的保険に採り入れられているとして、「今、あえて科学的根拠が確立していない統合医療が推進される背景には、混合診療を解禁し、市場原理主義に立ち返ろうという狙いがあるのではないかとの疑念を抱かざるを得ない」と強調、「このような流れに強く反対する」とした。

 中川常任理事は、「なぜこんなに唐突に統合医療が出てくるのかをいろいろ考えた。(先の)総選挙のマニフェストでも民主党は(統合医療について)書いていた。やはり選挙を意識しているのかと考えたが、確かではない」と語った。
 民主党の「政策集インデックス2009医療政策(詳細版)」には、「統合医療の確立ならびに推進」が掲げられている。


【関連記事】
漢方・鍼灸のエビデンス確立などを提言−厚労省研究班
統合医療のプロジェクトチームが初会合
統合医療でPT設置の意向―長妻厚労相
診療報酬引き上げや介護労働者の待遇改善など要望―与党3党
漢方の保険適用継続を―東洋医学会などが陳情

VIPなら宿泊できぬ? 奈良県、9月にAPEC観光相会合(産経新聞)
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検(産経新聞)
宇宙機関長会議 ISSの使用延長 検討の開始を明らかに(毎日新聞)
子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)
子ども手当法案可決へ、衆院厚労委(産経新聞)
posted by コバヤカワ リュウイチ at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。